専門店の買取


不要になってしまったバイクはそのまま放置していると、年に1回軽自動車税を支払わなければなりません。持っていてもコストがかかってしまうだけですから、不要になった時点で売ってしまった方がメリットがあります。売る場合にはバイクの販売店と、買い取り業者があります。それぞれ特徴がありますが、バイクの販売店の場合どういった特徴を持っているのでしょうか。

バイクバイクの販売店は地域にある、新車を中心に販売しているお店です。中古車も扱っているお店がありますが、メインとしては新車を取り扱っているものです。販売店は地域にあり、店舗や店主の様子が分かるため、この点では安心感があります。販売店の中には不要になったバイクを買い取ってくれるところもあります

販売店では買い取り業者よりも一般的に買取価格が低くなる傾向にあります。ただ販売店に持っていく方が安心だという人は、販売店で買取をしてもらうといいでしょう。できるだけ高く売りたい人は、専門業者を選択するといいでしょう。販売店ではバイクの修理なども行っており、忙しい時もあります。そのため査定をすぐに行ってくれない場合もあります。またバイクの出張査定を行うところは少なく、通常は持ち主が専門店までバイクを持っていく必要があります。


関連記事